物思い

物思い

早寝早起きができるようになってきた。

早寝早起きができるようになってきた。 私はニートを卒業してからというもの、遅くても午前7時には起きなければならない生活を送っているが、最近は毎日ではないものの午前6時前には起きられるようになってきた。 起きてから何をす...

『サピエンス全史』の5つの幸福論について

『サピエンス全史』を再読した。 再読して気がついたが、私は脳髄ががらんどうであるため、書いてあることをほとんど覚えていないようである。 よって今回は、ほーん、と思ったところを忘れないようにノートに書き写しながら読み進め...
物思い

何事も今の自分との組み合わせ

私は労働中にほうじ茶を飲み、ぼさっとすることがあり、時折、期間工時代のことを思い出すことがある。 期間工というのは、限りなく資産に見せかけた負債である動く鉄箱である自家用車を製造する際の単純労働部門を請け負う契約社員、みたい...
服・靴

服について

ここ最近、服や靴を買うことが多いような気がする。 1月にチノパンを1本とスニーカーを1足。 2月にパーカーを1着。 3月にジーンズを1本とスニーカーを1足とTシャツを2着。 4月にジャケットを1着とスニーカーを1足...

『日本蒙昧前史』という本を読んだ。

『日本蒙昧前史』が一番面白かった。 「世の中のありとあらゆる価値が、金額で、数の多さで推し量られるようになってしまったという愚かさ、馬鹿さ加減」 「この年以降どんなものでも、家でも、職業でも、学校でも、美術品でも、食事でも、動...
物思い

【物思い】来年度の労働後の習慣について

なぜだかよくわからないが、自称先進国日本においては3月になると多くの人が社会的に一斉に動く。 私が納税労働係員として納税労働に従事している会社においてもご多分に漏れず、今月末をもって一定数の労働凡夫が異動や転勤にともない引っ越しをす...
仕事

疲労度を減らすために運動をする

私はかつて某自動車工場で単純肉体労働に従事する長時間労働特化型納税奴隷アンドロイドとして過ごしていたのだけれど、その労働はなかなか労働強度が高いものであった。 毎分一台のペースでベルトコンベアに載せられた資産に見せかけた負債...

『人新世の「資本論」』という本を読んだ。

『人新世の「資本論」』という本を読んだ。 資本主義が進行中の今日において、地球環境の汚染は厳然と進行している。地球環境が破壊されつくされてしまえば、後進国の人間だけではなく、先進国の人間も甚大な被害を被ることになる。持続可能...
物思い

デザインの勉強がおもしろそう

先日初めてパワーポイントなるものを使って資料を作ったが、これがなかなか面白かった。 資料作成というのは基本的に無駄な会議や無駄な説明会のために作ることがほとんどであるが、そういったブルシット・ジョブ的な無意味性はとりあえず置いておく...
物思い

幻想の新年と実際の自分

新年になった。 我々凡夫というのは面白いもので、よくよく考えれば特段の意味の違いもない暦の中において(暦は所詮、時間を便宜的に区切っているに過ぎない)、世間的に意味のある日と意味のない日を無理矢理に設け、その意味によって心理...
タイトルとURLをコピーしました