係員とカネ

ぼんくら、格安SIMをすすめるの巻

先日、底辺係員の業務の都合上、職場の方(Aさん)と昼食を一緒に食べることになったのだけれど、その時に月々のスマホ料金の話になった。 Aさんは三大キャリアの奴隷顧客で、夫婦での月々の支払額が約16000円で、単純に一人...
係員とモノ

ナイトランプを赤ちゃんへ

今年のお盆は父の葬儀と祖母の初盆が重なったため、ほとんどを実家で過ごしたのだけれど、妹もちょうど子供を出産したばかりで実家にしばらく滞在している状態で、よって僕は毎日赤ちゃんと顔を合わせることになった。 赤ちゃんとい...
係員の物思い

1年前の8月は

1年前の8月、僕は無職で、夭逝した友人の初盆のために地域の行事に参加し、帰宅すると祖母もいて、父も生きていたのだけれど、その1年後、僕は職を得て、家を出て、祖母も父も死んでいるとは。 ガチのムチで想定外の今日だなー、...
係員の物思い

赤ちゃんはなぜ可愛いのか

少し前に姪っ子が生まれて、今年のお盆休みはずっと一緒に過ごすことになりそうなのだけれど、僕は赤ちゃんのあまりの可愛さに、きゃわわわぁ、となっている。 赤ちゃんの可愛さというのは実に別格で、その影響力は絶大で、おかげで財布のヒモがゆるゆ...
係員の物思い

父の死、無常。

先日、父が亡くなった。 1ヶ月前に急遽体調を崩して入院。 そして帰らぬ人となった。 まじで諸行無常。 僕は十代の頃に1人、二十代の頃に1人、計二人の友人をすでに亡くしているのだけれど、そういう経験から常々思うことは、まじで諸行無...
係員の物思い

欲が減るという成長

かつてインドをぶらついていた時に、僕は何らかの因果に巻き込まれ、気が付いたらアシュラムに2週間ほど泊まり込んでヨガを学んでいたのだけれど、そこで暇を持て余していた時はアシュラムの事務所で本を借りてテキトーに読んでいた。 ...
係員と日々

タオルを使い倒す

係員の朝は早い。 と言っても、起床時間は午前7時なのだけれど、暑さに勢いの増す今日この頃は起きると全身が汗でべっとりで、ただただ参ります。 なので朝食を済ませた後はシャワーで汗を流し、さっぱりした状態で...
係員の物思い

暇に苦しむ人は奴隷

暇な時間、つまり何をやってもいいし何もやらなくてもいい時間に直面した時、自分が奴隷かどうかが明らかになる。 暇な時間を充実感に変えることができる人は奴隷ではないし、暇な時間を退屈だとして苦しむようであれば、その人は奴...
係員と仕事

二日酔い対策の模索

僕は普段お酒をほとんど飲まないのだけれど、飲みの席ではきちんと飲む。 飲み始めると飲み過ぎてしまうことがあり、そうなると翌日二日酔いでダンテもびっくりするほどの地獄の時間を過ごすことになる。 その苦痛を...
係員と狩猟

狩猟免許のために精神科へ

僕は現在、狩猟免許の取得を目論んでいるのだけれど、狩猟免許試験を受けるためには特定の精神異常がないことを医師に証明してもらわなければならない。 というわけで、近所の精神診療所に行ってきた。 精神科に...
タイトルとURLをコピーしました