係員と日々

4連休の空費報告

無為を謳歌していたニート時代は労働という拘束時間が皆無であったため、休日という概念そのものが存在していなかったのだけれど、労働に従事するようになってからというもの、労働という拘束時間と拘束時間の谷間、即ち休日なるものが姿を現すよう...
係員の物思い

干し野菜と筋トレ――絶望していない徴候――

僕はテレビを持っておらず、故に実際には知っていなくてもいいけれど知っておくべきことみたいな雰囲気を纏っている情報、即ち巷のニュースなるものに疎いのだけれど、先日、思考の停止した長時間労働特化型納税奴隷の惰性的機能としてtwitte...
係員と日々

肩こりに悩んでいる係員各位

このブログは「すこやかな忘備録」と謳っているわけなのだけれど、日常的に労働に従事するようになって1年と数カ月が経つ今現在、僕の肩には「こり」が生じており、当該肩こりは僕が志す健やかな日々の大きな障壁になっている。 肩...
係員とモノ

給付金の空費報告

申請書を提出し、給付金と言う名の税金の返還が行われてからおよそ一カ月が経つのだけれど、市井の凡夫たちはどのような使い方をもって日々を充実させているのだろうか。 と、問いかけたところで何の返答もないことはわかっているし...
係員とモノ

楽天格安モバイルから楽天モバイルに移行した。

本日は有給休暇で労働からはしばしの解放、外は絶好の梅雨景色、っつうわけでニート時代に培った教養を活かして部屋に閉じこもり、ぼさっとする気満々だったのだけれど、スマートフォンの設定という煩雑な作業を行う羽目になってしまった。 ...
係員と日々

婚活イベントみたいな感じのニュアンス的な虚無。

ニートや無職時代は収入が皆無な分、煩瑣な人間関係とはほとんど無縁だったのだけれど、会社員として労働に従事するようになると同僚や上司との付き合いは避けられないことがほとんどだ。 その付き合いとして、先日、同僚と婚活パー...
係員と日々

干し野菜を作り始めた係員

給付金の申請を済ませ、僕は早急に定価1000円ほどの万能干し網を楽天市場で買ったのだけれど、なぜかと言うと、干し野菜を作ってみたいなー、と思ったからです。 僕は昨年の夏に父を亡くしたのだけれど、その後実家で一週間ほど...
係員とカネ

給付金10万円の使い方により突き付けられる己のすっからかんさ

労働から自宅に戻り、ポストの中を一瞥すると、僕が根城にしている自治体から給付金の案内が来ていた。 当該案内によると、当該自治体では5月の末くらいに給付金の申請書が各世帯に郵送され、申請してから10日くらいで10万円が...
係員と本

係員の4月の読書――『サピエンス全史』・『ホモデウス』・『21 Lessons』

持て余した楽天ポイントを消費しようと4月にユヴァル・ノア・ハラリ氏が著した『サピエンス全史』を購入し、面白かったので、勢い余って同著者の『ホモ・デウス』、『21 Lessons』を読んだのだけれど、はっきり申し上げて、おかげでいい...
係員の物思い

愛用している労働靴に靴墨を

僕は普段、スーツと革靴という出で立ちで労働に従事しているのだけれど、5月に入り、勤め先においてクールビズが発令されたことにより、しばらく着ることのないスーツとコートをクリーニングに出し、革靴のメンテナンスを自宅にて行った。 ...
タイトルとURLをコピーしました