ブロックチェーンに関する本を読んだ。

最近、仮想通貨に関する本を読んでみたのだけれど、仮想通貨の根本を担うブロックチェーンなるものがびっくりするくらい画期的な技術であるということがなんとなくわかった。

んじゃあ、ブロックチェーンとは一体全体どのような技術なのか、私にはそれについて説明できる能力がない。

よってここでは当該説明を割愛するが、ブロックチェーンという技術は、インターネットのようにミヤネ屋を毎日見ているような凡夫にさえも認知されている一般的な技術とは今の段階では到底言えないかもが、しかしながらそれは今日において厳然と存在している技術であって、インターネットのように普及すれば間違いなく世の中に多大な影響を及ぼしかねないなー、というのはわかった。

ブロックチェーンが実現することの一つに、各サービスの仲介手数料が格段に安くなる、あるいは無料になる、というものがある。

例えば銀行の海外送金手数料で、今日においてメールであれば無料でどこにでも文章や写真や動画を送ることができるのだけれど、金銭となるとがっつりと仲介手数料を取られてしまう。

ブロックチェーンは、金銭をはじめとする資産をメールのように楽勝で気軽に送付することのできる状態を実現するらしい。

私は、銀行に逐一搾取されることのないそういう世の中になればいいなー、と思ったため、とりあえずブロックチェーンを応援するという意味で仮想通貨を少しずつ積み立てることにした。

納税奴隷労働と納税奴隷労働の間を縫ってネバギバの精神で調べてみると、仮想通貨の入手方法は、取引所を通じて入手する方法と販売所を通じて入手する方法があるらしいのだけれど、どうやら取引所を通じて入手したほうが安い、つまり搾取率が低いようなので、私は数ある取引所の中でもGMOコインなるところを利用することにした。

私が調べた限りでは、自動積立サービスを提供しているのは割高な販売所のみで、割安な市場価格で仮想通貨を購入できる取引所においては手動で積立を行っていかなければならなようで、それはまぁしかたねぇわ。

というわけで、私は以下のルールを設けてネバギバの精神で仮想通貨を積み立てることにした。

①購入時期:毎週日曜日の正午

投資金額:0.01ETH(イーサリアムの最低購入単価)の時価

イーサリアムが仮に信じられないほどに暴騰してしまった場合、安月給の私にとっては0.01ETHであっても購入することが困難になることが想定されるが、その時はその時で何らかの形でブロックチェーンを応援できる方法を考えようと思う。

仮に当該仮想通貨が暴落し、電子空間の中で無に帰してしまうようなことがあったら、長崎ちゃんぽんでも食べて元気を出そうと思う。

P.S.

貴重な有給休暇に惰眠を貪ってしまった。

タイトルとURLをコピーしました