【節約】火災保険で搾取されたくない係員各位

京都来て約2年が経ち、アパートの契約更新の季節となったのだけれど、アパートの契約更新と同時に、火災保険の契約更新のご案内、みたいな感じのニュアンス的な通知が送られてきた。

当該火災保険の案内にはプランAとプランBのどちらかを選んで更新して欲しいとのことで、プランAは2年間で約18,000円、プランBは2年間で約22,000円のプランで、私は、賃借人なめとったらあかへんど、と思っちゃった。

なぜならば、我々賃借人は火災保険に入る際にはどの火災保険に入るのかを選ぶ権利があるからで、加入する火災保険を自由に選ばせないというのは、独占禁止法や保険業法みたいな感じのニュアンス的な法律に違反するからであーる。

以上のような知識を2年前の私は有しておらず、己の無知につけ込まれて何の違和感もなく不動産屋の言うがままに当該火災保険に加入したわけであるが、諸行無常の理によって有益な知識を得た私はもはや別人で、絶対に負けへんど、という気概をもって、そのプランは自分には不相応であるため、自分にぴったりと合った別の会社の別のプランに入りたいと物申したわけなのだけれど、結論から言うと、別の会社の別のプランに入ることはできないが、同じ会社の別のプランを提案させて欲しいということになった。

それで提案されたのがプランCで、プランCは2年間で約10,000円であった。

プランA(18,000円プラン)とプランC(10,000円プラン)の決定的な違いは家財保険の補償額で、前者は400万円まで補償、後者は50万円まで補償で、そもそもがモノが少なく、高級志向ではない私の場合、モノを50万円分も持っていない。

よってプランCで十分なのだけれど、そもそも私が入りたかった保険は日新火災の「お部屋を借りるときの保険」みたいな感じのニュアンス的な保険で、当該保険をプランDとすると、プランDは2年間で8,000円で、尚且、家財保険の補償額が100万円で、つまり、私が提案されたプランCよりも断然お得なのであるが(プランCもDも個人賠償や借家人補償の額は全く同じ)、私のアパートの管理会社は保険会社を変えることは一向に認めず、私としても2,000円(あと1年で出る予定なので実質1,000円)のために喧々諤々の議論を交わすのも時間と労力の無駄であるのでプランCにすることに落ち着いた。

この教訓を活かして、今月に引っ越しが決まっている同僚にはアパートの賃貸契約時には、火災保険は自分が入りたいものに入る旨を不動産屋に伝えることをおすすめし、当該同僚は、無事に「お部屋を借りるときの保険」みたいな感じのニュアンス的な保険に加入することができ、まじで助かった、知らなかったら2年で2万円の保険に加入するところだった、とのことで、お礼になぜか鮭缶をくれた。

火災保険は自分の好きなプランに入ることができる、ということを知っておけば、最初から無駄な出費を減らすことができるし、あるいは私のように別の会社の保険への加入は拒否されても同じ会社の別のプランを引き出すことによって経費を削減することもできるので、これから引っ越しや火災保険の更新が控えている人は、我々の無知につけ込み、無駄に経費を拠出させ、無駄に労働に従事させてこようとする不動産屋や管理会社とネバギバの精神でやりあって欲しい。

P.S.

花粉がきついですね。

タイトルとURLをコピーしました