来年からは毎月5万円蓄財していくど

齢30を手前にして会社員という長時間労働特化型納税奴隷として働き始めたのとほとんど時を同じくして、私はつみたてNISAを通じて資産運用を始めたのだけれど、今年の年末をもってして私のつみたてNISAの2年目が終わる。

毎月の積立額は、1年目は毎月2万円、2年目は毎月3万円であったが、来たる来年の積立額は毎月5万円で行こうと思う(これ以上はもう無理だ)。

毎月5万円を1年間積み立てるということは、年間で60万円を積み立てるということになるが、つみたてNISAの1年間の積み立て限度額は40万円までなので、残りの20万は課税対象となる特定口座による運用となるが、そもそも私は納税奴隷なのだからそれはまぁ仕方がない。

20代を貧乏旅をしながらニート、フリーターとして暮らしてきたためか、収入が格段に増えた今であっても私は自分の生活水準を上げる気には全くならない。

私は底辺を這いずり回ってきたため、読書と運動ができれば大抵のストレスに対処できるようになっており、そのような人間が労働を始めるとどうなるのかというと、大して意識をしていなくても貯金がどんどんと蓄積されていく。

そこで貧乏バックパッカーの吝嗇な精神が働き、普通預金に預けておくくらいなら利回りの良い方に預けておこうかしらん、という結論に至り、私は銀行預金の亜種として投資信託を利用することになったわけであるが、実際に投資信託は馬鹿にできない。

中にはぼったくり投資信託もあるにはあるらしいが、投資信託で資産運用を始める前にきちんと本を読み、ある程度の理解を深めてから始めると、私のようなド素人でもそれなりに運用することができる。

きちんと本を読み、とは言ったものの、私が実際に読んだ本は水瀬ケンイチさんの『お金は寝かせて増やしなさい』という本一冊のみで、それをきっかけに楽天証券でつみたてNISAを始めたわけなのだけれど、本当に始めてよかったと思っている。

今後、諸行無常の理によって大不況が何度か訪れることになるかもしれないが、それを想定した上での投資であるため、何とかなるなる鳴門海峡、みたいな感じのニュアンス的な前向きな気持ちでこつこつと積み立てていこうと思う。

そんなに生活費がかからねぇ自称ミニマリストみたいな感じのニュアンス的な凡夫であれば、労働時間を減らし、収入を減らし、平穏に暮らせるはずだろう。今てめぇのやっていることは時間を無駄に自分なりに最大限に換金し、その金を無駄に自分なりに最大限膨らませ、ただひたすらに蓄財に励んでいるだけで、つまりそれは金のために生きていることであり、そんなん虚しい生き方じゃんか、と批判的な見方をしてくる凡夫もいるかもしれないが、そのような凡夫に対しては、うるせー、バーロー、諸行無常の理なめとったらあかへんど、としか今は言い返すことができない。

P.S.

小松菜の干し野菜を作り始めた。

タイトルとURLをコピーしました