デンタルフロスという余裕

安倍ちゃんが総理大臣を辞任するらしいが、そんなことはどうでもいいとして、ここ最近は2週間に一回のペースで歯の治療をしに歯医者に通っているのだけれど、やっぱり歯は日頃から大切にしておかないといけないなー、と思う。

僕の口内の異常はフィステルと呼ばれる歯茎にできる腫物で、これは根幹治療なるものを施さなければ治らないらしく、その治療が先日をもって完了し、一安心であーる。

僕の場合、フィステルのそもそもの原因は虫歯であるため、そもそも虫歯にならなければフィステルに悩まされることもなかったわけだ。

っつーことで、虫歯予防を頑張ろうと思い、従来であれば口内ケアは歯ブラシと歯磨き粉のみをもってして行っていたのだけれど、それにデンタルフロス口内洗浄液を導入することにした。

ここでいうデンタルフロスは100均に売っているような例のプラスチックの取っ手の付いた歯間ブラシではなく、糸のみで形成されているものを指す。

というのも、デンタルフロスと歯間ブラシは糸の強度が全くもってして異なるからで、歯間ブラシの糸は僕の歯間を数回通るだけで切れてしまうが、デンタルフロスの糸は楽勝でピンピンしているからだ。

それにデンタルフロスは常に清潔な部分で歯間を清掃できるため、気分的にも上々である。

デンタルフロスは使用する際に多少の要領を必要とするが、それもネバギバの精神で頑張れば楽勝で駆使できるようになるので心配なし。

実際に使ってみると、ガチのムチで歯間に汚れが溜まっているのがわかる。歯ブラシの限界が手に取るようにわかる。

使い始めは歯茎から出血することがあるが、それはその部分の歯茎が雑菌によって炎症を起こしていることが原因らしいので、出血に臆することなく淡々と清掃を続けていれば、雑菌の食い扶持であるカスがなくなると同時に雑菌も消え失せていき、それと同時に炎症も治まるのだという。

デンタルフロスで掃除した後は汚れが実際に除去される視覚的な効果も相まってとてもすっきりする。

そうして歯間から汚れを除去した後に、口内洗浄液を流し込む。

歯医者で読んだ雑誌によると、デンタルフロス→歯ブラシ→口内洗浄液という流れが効果的らしいのだけれど、僕としては、まぁ、それは読まなかったことにして、歯ブラシ→デンタルフロス→口内洗浄液という順番で歯磨きを行っている。

この一連の歯磨きが習慣化するまでは手間であり多少の面倒臭さは覚えるが、そのすっきり感を覚えるともう後にはには引けなくなる。

歯磨きのように、面倒ではあるが有益であること、このような営みは精神的に余裕がなければできない

金や時間や健康や人間関係に余裕がない状態でいると、何もしていないのに疲れるし、手っ取り早い方法しか目に見えないし、精神的に憔悴している状態が常態であるため何事にもやる気が起きない。デンタルフロスなんてやってる場合じゃねぇ。

そのような意味で、少なくともここ半年間、デンタルフロスを用いて歯磨きができていることにただただ感謝です。

P.S.

今日の一曲。

タイトルとURLをコピーしました