係員と日々 係員の物思い

これだけで十分なのに、無性に何かしたくなる係員

投稿日:

タイ、ウドンタニの子猫っち。

先週末は謎の頭痛に一日中苛まれ、ほとんどの時間を布団の中で苦しみながら過ごしたのだけれど、そういう体調が悪い日が時折あると、やっぱり健康が一番だなー、とつくづく思う。

僕は滅多なことでは体調不良に見舞われることはないのだけれど、なぜゲリラ的に頭痛が生じちまったのかしらん、と考えてみると、その原因は労働組合にあるのではないか、と邪推してしまうのです。

頭痛が生じる前々日に、我らが納税奴隷が自警団的に組織する労働組合の定期大会なるものがあり、そこでは来年度の組合活動の方針が決められるのだけれど、以前ブログで書いたように、僕は組合の親睦会のあり方に反対で、その定期大会において、親睦会に参加しない人から親睦会の料金を徴収するのはおかしいじゃんか、最初から親睦会費を徴収しない仕組みを考えるか、お金を還元するかしないとちと乱暴じゃんか、と言ってみたのだけれど、親睦会は組合活動としてやることになっているのでどうしようもありません、みたいなことを言われ、その後すぐに多数決となり、圧倒的多数で件の暴力的徴収制度が支持され、一人反対派の僕は、何の風穴も開けることができなかった。残念無念。

その残念無念さがストレスとなり体を蝕んだのでないか。そうに違いない。まじで組合辞めたるど。

と、鬱憤を吐くのはここまでにして、最近は花粉も落ち着いてきたことだし、暖かくなってきたことだし、いい感じになってきたなー、ということで洗濯や掃除をするのが一段と気持ちよく、よーしこうなったら久々に消費主義の象徴的パラダイス、ショッピングモールに行っちゃうぞー、というわけで、ショッピングモールに行ってきたのだけれど、これといって欲しいものもないので、気晴らしがてらにぶらっと歩いてティッシュと値引きシールの貼られたピザを買って帰ってきた。

こうして中身ががらんどうの僕のような納税奴隷の日々は空費されていくんだなー、としみじみと思っちゃった。ザーピーはうまかった。

ティッシュと言えば、ろくに本も読まずにテレビばかり見ている自称大人たちが忙しなく買い占めているせいで、僕が住む地域のドラッグストアやスーパーではティッシュはいつも売り切れで、僕の部屋にあるティッシュも残り半箱分ほどだったのだけれど、そういう状況の中、本日ショッピングモールで無事にティッシュを買うことができてよかったぜ。

休日、ゆっくりすることにも飽きたら、釣りにでも出かけられればいいのだけれど、地理的に海までがものすごく遠いため、釣りはしばらく諦めざるを得ない。個人的に有意義に感じられる外での活動として釣りができないとなると、狩猟を始めるか、畑仕事をやるか、学校に通うか、今のところそれくらいしか思い浮かばないのだけれど、世の中の凡夫たちは家の外でショッピング以外にどういう楽しみ方をしているのかしらん。ちょいと気になる今日この頃なのでありました。

P.S.

今日の一曲。いや二曲。

-係員と日々, 係員の物思い
-,

執筆者:

関連記事

1年前の8月は

1年前の8月、僕は無職で、夭逝した友人の初盆のために地域の行事に参加し、帰宅すると祖母もいて、父も生きていたのだけれど、その1年後、僕は職を得て、家を出て、祖母も父も死んでいるとは。 ガチのムチで想定 …

靴でも磨いてゆっくりする。

コロナウイルスの影響で人々は外出を控えているらしく、ということは外は閑散としていて心地が良いはずで、今こそ外の空気を満喫するチャーンス!と思っていたのも束の間、そう言えば今は花粉、即ちスギやヒノキの精 …

父の死、無常。

先日、父が亡くなった。 1ヶ月前に急遽体調を崩して入院。 そして帰らぬ人となった。 まじで諸行無常。 僕は十代の頃に1人、二十代の頃に1人、計二人の友人をすでに亡くしているのだけれど、そういう経験から …

ついつい買ってしまうもの

煩悩まみれの凡夫である僕にはついつい買ってしまうものというものがあって、それは本なのだけれど、なぜ本を読むのかというと、それはショーペンハウアーが『読書について』みたいな感じのニュアンス的な著作の中で …

タオルを使い倒す

係員の朝は早い。 と言っても、起床時間は午前7時なのだけれど、暑さに勢いの増す今日この頃は起きると全身が汗でべっとりで、ただただ参ります。 なので朝食を済ませた後はシャワーで汗を流し、さっぱりした状態 …