係員とモノ

15年間愛用しているリュック(吉田カバンPORTERユニオン)

投稿日:2020年1月11日 更新日:

吉田カバン PORTER ユニオン

僕には約15年ほど愛用しているリュックがあるのだけれど、今回はそのリュックを紹介していこうと思う。

そのリュックは吉田カバンのポーターというブランドのユニオンというモデルで、高校生の時に小遣いを貯めて購入し、高校時代、大学時代、フリーター時代、ニート時代、そして会社員となった今現在も愛用し続けている。

吉田カバンの製品というのは全て日本製で、無論ユニオンも例外ではなく日本製なのだけれど、15年経った今でも楽勝で使えているわけだから極めて丈夫に作られている。

緑タグと正面ポケット

色は黒で、タグの緑がいい感じのアクセントになっている程度なので飽きは一向にこない。

デザインは少しユニークで、正面中央部に閉め口のないポケットが二つある。

このポケットについては、ポケットの中のモノを盗まれるかもしれない、落としてしまうかもしれない、あるいはポケットの中のモノが雨に濡れてしまうかもしれない、と懸念してしまう心配性の人にとっては使い勝手がよくわからず、そのポケット意味ないやん、ただのデザインのためのポケットに過ぎへんやん、と思ってしまうかもしれないけれど、僕にとってはとても使い勝手が良い。

僕の場合、そのポケットには飲み物やウォークマンや文庫本や筆箱やメモ帳といったものを入れることが多く、リュックを背負ったままでも後ろに手を回せばすぐに必要なものの出し入れができたので至極便利なポケットという実感がある。

このリュックには正面ポケットの他に両サイドにもポケットが備えられており、それらのポケットはジッパーで開閉可能なのでそこに財布やスマホを入れておけば落としたり盗まれたりしにくいと思う。また慣れてくると、それらの両サイドのポケットもリュックを背負ったままジッパーを開け閉めし、中のモノの出し入れができるようになるので楽だ。

メイン収納部の内部に防水加工

リュックのメイン収納部とサイドポケットの内側には防水加工が施されていて、背中と接触する部分にはクッションが設えられている。よって、雨の日に水が中に染み入ってくる心配もほぼほぼなく、余程のことがなければ背面部がごつごつになることもない。

僕がこのリュックに入れたこれまでの最大重量は10キロで、それは5キロの米2袋だったのだけれど、それくらいの容量でも余裕で入ったし、それくらいの重量でリュックが壊れることは楽勝でなかった。よって、収納力・耐久力ともに普段使い用のリュックとしては申し分のないのない実用的な作りとなっている。

ポーターの製品というのは日本製で良質なのは間違いないのだけれど、その分やはり値が張る。ポーターにはユニオンシリーズ以外にも種々様々なシリーズがあり、各シリーズからリュックが出ている。どのリュックもなかなかの値段で、2万円台、3万円台、4万円台が普通なのだけれど、ユニオンは1万円台だ。

ユニオンシリーズ以外のシリーズからも1万円台のリュックはわずかながらに出てはいるが、収納力や耐久力の等の機能面では比べ物にならないほどの差があるように思う。

このリュックは実用的で、見た目も気取った感じがなく、かなりおすすめなのだけれど、それでも値段は1万円台後半で、安くはない、と思う人もいるかもしれない。

もっと安い値段で買えないかしらん、と思う人もいるだろうけれど、ポーター製品は基本的に値引きされることがない。取扱い店でセールを開催していてもポーター製品はセール対象外だ。僕はポーターが好きで、買うことはほとんどなくても見ることはよくあるのだけれど、ポーターのセールは今の今まで見たことがない。

であるならば、どこで買っても一緒かぁ、と肩を落とすのはまだ早い。ポーター製品は値引きこそないけれど、アマゾンや楽天で購入することにより値段分の相当なポイントを受け取ることができる。

良いものを長く使いたいけれど、リュックに2万円以上はかけたくない。そんな人には是非ともおすすめしたい製品なのだけれど、一つ問題がある。それは人と被りやすいかもしれないということだ。僕がユニオンのリュックを購入した15年前は同じリュックを背負っている人を見かけることは滅多になかったのだけれど、ここ最近になってからはちらほらと見かけるようになってきた。楽天のレビュー数を見ても、他のシリーズのものと比べると圧倒的に多いので流行っているのかもしれない。

しかしながら信頼できる製品であることは間違いないので、少し気になるのであれば、まずはどこかのショップに足を運んで実際に製品を確認するといいだろう。これから長く付き合うことになるかもしれないものなのだから実際に手で触れてみて、時間をかけて選んだ方がいい。焦ってポチっては決してならない。

そして気に入ったのであれば、お店の人には申し訳ないが、鬼の心をもってしてネットで購入した方がいいと思う。それほどにポイント還元は馬鹿にできない。

僕の経験上、楽天市場が一番ポイント還元率が高いように思うのだけれど、ポイントの価値もポイントの還元率も個々人が普段利用しているサービスによって変わってくると思うのでゆっくりと調べて、納得のいくところで購入することをお勧めする。

P.S.

今日の一本(吉田カバンの職人さんの動画)。

-係員とモノ
-

執筆者:

関連記事

10年ぶりに新調した財布はガチガチのカジノ

僕にとっての人生の大恩人である亡き祖母は、毎日使うものに金は惜しむな、と言っていた。 しかしまぁ、現実というのは残酷で、その現実を直視すれば、僕は一介の底辺係員で、ついつい金を出し惜しんでしまうのだけ …

靴でも磨いてゆっくりする。

コロナウイルスの影響で人々は外出を控えているらしく、ということは外は閑散としていて心地が良いはずで、今こそ外の空気を満喫するチャーンス!と思っていたのも束の間、そう言えば今は花粉、即ちスギやヒノキの精 …

持て余した楽天ポイントで買ったものと買うかもしれないもの

いつの日だったか楽天カードを申請し、その見返りに株式会社楽天から楽天ポイントを8000ポイント進呈された。 そのポイントは期間限定ポイントで、一定の期間を過ぎてしまうと失効してしまい、そのポイントはデ …

ついつい買ってしまうもの

煩悩まみれの凡夫である僕にはついつい買ってしまうものというものがあって、それは本なのだけれど、なぜ本を読むのかというと、それはショーペンハウアーが『読書について』みたいな感じのニュアンス的な著作の中で …

ゲームセンターの教養人・ジーンズの裾あげ・GDP

先日、府庁へと赴き、狩猟免許なるものを受け取ってきたのだけれど、免許を受け取ることができたのは、試験の合格発表からおよそ1カ月後で、なぜそうなったのかというと、年休、すなわち平日休みなるものがなかなか …