係員の物思い

とりあえず外に出てみることにする。

投稿日:2019年10月14日 更新日:

先週の平日は業務の都合上まるまる県外で過ごした。

その間に懇親会が2回もあり、元来初対面の人とのコミュニケーションが苦手な僕にとっては心労極まる一週間となり、帰宅した翌日の土曜日はほとんどを寝て過ごした。

あんなに疲れるのは久しぶりで、熊野古道を歩いた翌日もあれほど疲れてはいなかったはずなのだけれど、まぁ、もう終わったからいいだろう。

ニート生活をセミリタイヤし納税奴隷になってからというもの、平日は労働、土曜日は家事と買い出し、日曜日は読書と運動という過ごし方が定番となっているのだけれど、最近休日がどうもしっくりこない

読書をしていても、すぐに集中力が途切れるし、だからといって何かをことさらやりたくなるわけでもない。一人部屋で時間をただただ持て余しているあの感じ。別に退屈しているわけでもないのだけれど、なんかちょっとなー、みたいな感じのニュアンス的なあの状態。若干の煩悶。

こうなったら気晴らししかない。

そもそも僕のような教養のない長時間労働特化型納税奴隷アンドロイドは、労働と気晴らしの間を永遠に反復横飛びし続けなければならないという宿命にある。

労働と気晴らしの無限ループのただ中で自分は今充実している時間を過ごしているんだ、そうに違いないんだと己に言い聞かせながら、リアルゴールドを片手にラウンドワンへと足を運び、ボーリングなりカラオケなりに興じようかしらん、というのは絶対に嫌なのだけれど、町をぷらぷらと歩くのは楽しいだろうなー、と思う。要は散歩だね。

幸いにして僕は、京都や大阪という歩き甲斐のある面白い町に気軽に行ける場所に住んでいるため、これから日曜日くらいは外に出て、当てもなくただぷらぷらと町を散策することを習慣にしてみようと思う。そのパターンに飽きてしまったら、また引きこもればええじゃないか。

ってことで早速京都の町を散策し始めると、古本市がデパートの入り口付近で催されていて、そこで本をぼさっと眺めていると、日本一有名なニートのphaさんの著書『ひきこもらない』があり、手に取ってさっと目を通してみると、phaさんもどうやらよく散歩をするようで、散歩の楽しみ方、つまりは散歩に関する教養を深めておられるようなので、思わず買ってしまったのだけれど、やっぱ外に出るとこういう出会いもあるからええのー、と思ってしまった。

思い返してみれば、確かに僕には外の世界を見たいという好奇心から旅をしていた時期があった。

一度旅に出たら最低数カ月は家に戻らず、そして旅先での日々に倦怠感を覚えてきたら、実家に戻り、戻ったら戻ったで、特に遊びには行かず(釣りに行き始めたのはつい最近のことだ)、家に引きこもるか、職場と家を往復するだけの単調な日々を送るかで、端的に言えば、出っ放しか引きこもるかのどちらかだったのだけれど、これからは「ひきこもらない」くらいの軽い感じで外に意識的に出て行こうと思う。

P.S.

今日の一曲。

-係員の物思い
-

執筆者:

関連記事

赤ちゃんはなぜ可愛いのか

少し前に姪っ子が生まれて、今年のお盆休みはずっと一緒に過ごすことになりそうなのだけれど、僕は赤ちゃんのあまりの可愛さに、きゃわわわぁ、となっている。 赤ちゃんの可愛さというのは実に別格で、その影響力は …

ゲームセンターの教養人・ジーンズの裾あげ・GDP

先日、府庁へと赴き、狩猟免許なるものを受け取ってきたのだけれど、免許を受け取ることができたのは、試験の合格発表からおよそ1カ月後で、なぜそうなったのかというと、年休、すなわち平日休みなるものがなかなか …

ちょいと寛容になるには。

係員としてドブさらえのような事務仕事を淡々とこなしていると、隣の席に座っている暇を持て余した係長が話し掛けてくることがある。 僕はただでさえ腐りかけている脳髄をさらに腐らせないためのささやかな予防措置 …

見栄っ張りな係員

そう言えば、去年の今頃に僕は今の職場の内定を頂いたのだけれど、社会を舐め腐っていた僕の場合、それまで正規雇用の経験も皆無で、とにかく応募条件を満たしていたし、やっている事業にも少なからず興味を持てた、 …

暇に苦しむ人は奴隷

暇な時間、つまり何をやってもいいし何もやらなくてもいい時間に直面した時、自分が奴隷かどうかが明らかになる。 暇な時間を充実感に変えることができる人は奴隷ではないし、暇な時間を退屈だとして苦しむようであ …