係員と日々

熊野古道を歩きたい係員各位

投稿日:

貯金や資産運用、それもまぁ大切だとは思うのだけれど、それらに脳内をハックされ、ファックされると、時間を換金するだけの人生になりかねず、自称大人の年齢になってもカネのことしか話せず、下の世代に説得力を纏った言葉を吐くことのできない深みのないペラペラ人間になってしまう恐れがある。

そのような浅薄な人間にならないためには、姪っ子のために楽しい話ができるようになるためには、お金を何らかの経験のために使うことも大切で・・・

というような御託を並べるのはここまでにして、先日、我らが自称先進国である日本が世界に誇る巡礼路「熊野古道」を歩いてきたので、なんか熊野古道歩いてみたいなー、と漠然とした好奇心を抱いている全国の係員のためにちょっとしたアドバイスみたいな感じのニュアンス的な塩梅の雰囲気を纏ったものを以下に書き記してみたいと思う。

なお、ここで想定している熊野古道を歩きたい係員は、20代~30代前半の健脚の持ち主で、頑張れば四連休を取ることのできる長時間労働特化型納税奴隷のことを指します。

また歩く熊野古道は中辺路の「滝尻王子から熊野本宮神社まで」のルートとします。

まずは有給休暇を取得してください。ここがこの計画の最難関ポイントです。

業務に支障がないよう、上司や同僚に迷惑がかからないよう早めに有給の申請すること。

土日祝日の三連休の前後で有給を取得すれば容易に四連休になります。土日祝日が休日ではない係員の場合、気合で何とかします。

1日目は紀伊田辺駅へと向かい、駅近辺で一泊します。駅周辺は飲み屋がたくさんあって良いところです。紀州のドンファンという絶倫資産家のゆかりの地としても有名です。なるべくこの日に翌日の準備をしておきましょう。朝食用の弁当、昼食用の弁当、水、おやつは絶対に必要。

2日目は紀伊田辺駅前から朝6時半のバスで「滝尻王子」という地点まで向かい、早速歩き始めます。歩き始めるのは午前7時くらいだと思います。神聖な森の新鮮な空気を吸いながらずんずん歩きます。時折、写真なんか撮ったりしちゃってね。ずんずんずん歩きます。なぜずんずんずんずん歩くのか。それはこの日に一気にゴールを目指すからです。歩く道のりは約40キロです。

なお、途中で無理だと悟ったら遠慮することなく諦めること。次の日同じ地点から歩き直せばいいしね。

歩く際は水分をこまめにとって下さい。水は2リットルのペットボトルと500ミリリットルのものの二つに分けておくと便利です。500ミリの方で水分を摂取し、それが空になったら2リットルの方で適宜補充します。

昼食は言うまでもないですが、おやつもこまめに摂取すること。ちなみ僕は黒砂糖かりんとう、袋入りのヤングドーナツのパチモンみたいなやつ、チップスターをおやつとして初日に用意し、道中の個人商店で白くまアイスを買い、自動販売機でジュースを買いました。かなりのエネルギーを消費することになるので、おやつの準備は重要です。

ずんずんずんずん。ずんずんずんずん歩くと、午後5時過ぎには最終地点の熊野本宮神社に到着します。時間的にお守りなどは購入できませんが、そんなものなくても何とかなるので、テキトーにお参りを済ませて、周囲をぷらぷらと歩いて近くのバス停(「熊野本宮神社」というバス停)へと向かいます。

最終のバスは午後7時前です。これに乗って、宿へと向かいます。

宿は「湯の峰温泉」というエリアか「川湯温泉」というエリアにある宿がおすすめです。必ず予約をしてから歩き始めること。予約するのだりーわ、と言いたい気持ちはわかるのだけれど、必ず予約を済ませてから熊野古道に臨むこと。

予約をしておくと疲労困憊の後に宿の手料理にありつけます。僕のように何とかなるなる鳴門海峡、と無計画に歩き始め、歩き終わってから焦って宿の手配を始めると、「食事が準備できへんけどかめへんか」となり、「かめへんよ、泊めてもらえるだけでもありがたいどす」と言うしか選択肢がなくなり、熊野本宮神社周辺のコンビニで調達したインスタント焼きそばと酒と酒のつまみをもって腹を満たすことになってしまう(それでも激烈に美味く感じるが、他の係員の皆さんにはご馳走を味わってもらいたいと思う)。

歩き終わった後は言うまでもなく全身クタクタで、特に足はガクガクのカクカク。その状態での温泉は格別なので、是非とも宿は温泉街でとることをおすすめする。必ず予約すること。

3日目は朝からまたまた温泉に入っちゃたりしてゆっくりと自由に過ごして下さい。そんでバスに乗ってテキトーに帰って下さい。

4日目は好きな音楽でも聴きながらゆっくりと休んで、次の日の労働に備えてください。労働による疲れとは異なる心地のよい疲労感を満喫してください。充実した時間を過ごした後の労働に絶望し、自殺しないこと。

全国の係員の皆さんが熊野古道で良い時間を過ごされることを心より願っております。

P.S.

今日の一曲。

-係員と日々
-

執筆者:

関連記事

ふと断食をやってみた。

前日の晩御飯のためにコロッケを揚げたのだけれど、油の温度が十分ではない状態でコロッケを放り込んだものだから、からっと揚がらずに油をグングンに吸い込んだどりどりのコロッケが完成し、底辺係員としての窮乏を …

とある日の自殺体

とある一日のこと。 朝7時に起床し、顔を洗い、口をゆすぎ、コーヒーとトーストを準備し、朝食を済ませ、食器を洗い、歯を磨き、ひげを剃り、排便を済ませ、手を洗い、コーヒーをタンブラーに注ぎ、スーツに着替え …

タオルを使い倒す

係員の朝は早い。 と言っても、起床時間は午前7時なのだけれど、暑さに勢いの増す今日この頃は起きると全身が汗でべっとりで、ただただ参ります。 なので朝食を済ませた後はシャワーで汗を流し、さっぱりした状態 …

Tシャツが臭いのはあなたが臭いのではなく、雑菌のせい。

ワイドハイターとドライバッグ。 臭いTシャツ 「ヤバイTシャツ屋さん」というバンドがあるらしいのだけれど、僕は彼らの曲を一曲も知らない。 というのはどうでもいいとして、「ヤバイTシャツ」というのはどう …


↑twitterやってます。フォローお気軽に。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑他にも色んな方のブログが見られるので、興味がある方は是非。