係員の物思い

1年前の8月は

投稿日:2019年8月16日 更新日:

1年前の8月、僕は無職で、夭逝した友人の初盆のために地域の行事に参加し、帰宅すると祖母もいて、父も生きていたのだけれど、その1年後、僕は職を得て、家を出て、祖母も父も死んでいるとは。

ガチのムチで想定外の今日だなー、と思う。

同様にこれから1年後、自分がどこで何をしているのか想像がつかない。

仕事を辞めてへらへらしているかもしれない。

ばちばちに労働をかましているのかもしれない。

母が成仏しているかもしれない。

結婚しているかもしれない。

発狂しているかもしれない。

死んでいるかもしれない。

ビーフストロガノフを作れるようになっているかもしれない。

本当にわからへん。

この世界、どうなっているんや。

底辺係員にできることは、1日1日大切にしていくことしかないでげす。

P.S.

盆に親戚に会うだけで激疲れ。

-係員の物思い
-

執筆者:

関連記事

内示。係長への道。

先週頃に僕が納税奴隷として勤めている会社の内示があった。 世間を舐め腐り、悠々とニート・フリーター生活を送った末に底辺係員になった僕は内示の影響を全く受けなかったのだけれど、周囲の人間は色々と思うとこ …

ちょいと寛容になるには。

係員としてドブさらえのような事務仕事を淡々とこなしていると、隣の席に座っている暇を持て余した係長が話し掛けてくることがある。 僕はただでさえ腐りかけている脳髄をさらに腐らせないためのささやかな予防措置 …

暇に苦しむ人は奴隷

暇な時間、つまり何をやってもいいし何もやらなくてもいい時間に直面した時、自分が奴隷かどうかが明らかになる。 暇な時間を充実感に変えることができる人は奴隷ではないし、暇な時間を退屈だとして苦しむようであ …

ゲームセンターの教養人・ジーンズの裾あげ・GDP

先日、府庁へと赴き、狩猟免許なるものを受け取ってきたのだけれど、免許を受け取ることができたのは、試験の合格発表からおよそ1カ月後で、なぜそうなったのかというと、年休、すなわち平日休みなるものがなかなか …

とりあえず外に出てみることにする。

先週の平日は業務の都合上まるまる県外で過ごした。 その間に懇親会が2回もあり、元来初対面の人とのコミュニケーションが苦手な僕にとっては心労極まる一週間となり、帰宅した翌日の土曜日はほとんどを寝て過ごし …