係員の物思い

1年前の8月は

投稿日:2019年8月16日 更新日:

1年前の8月、僕は無職で、夭逝した友人の初盆のために地域の行事に参加し、帰宅すると祖母もいて、父も生きていたのだけれど、その1年後、僕は職を得て、家を出て、祖母も父も死んでいるとは。

ガチのムチで想定外の今日だなー、と思う。

同様にこれから1年後、自分がどこで何をしているのか想像がつかない。

仕事を辞めてへらへらしているかもしれない。

ばちばちに労働をかましているのかもしれない。

母が成仏しているかもしれない。

結婚しているかもしれない。

発狂しているかもしれない。

死んでいるかもしれない。

ビーフストロガノフを作れるようになっているかもしれない。

本当にわからへん。

この世界、どうなっているんや。

底辺係員にできることは、1日1日大切にしていくことしかないでげす。

P.S.

盆に親戚に会うだけで激疲れ。

-係員の物思い
-

執筆者:

関連記事

暇に苦しむ人は奴隷

暇な時間、つまり何をやってもいいし何もやらなくてもいい時間に直面した時、自分が奴隷かどうかが明らかになる。 暇な時間を充実感に変えることができる人は奴隷ではないし、暇な時間を退屈だとして苦しむようであ …

ちょいと寛容になるには。

係員としてドブさらえのような事務仕事を淡々とこなしていると、隣の席に座っている暇を持て余した係長が話し掛けてくることがある。 僕はただでさえ腐りかけている脳髄をさらに腐らせないためのささやかな予防措置 …

年金の前提を知れば、なぜ年金だけでは暮らせないのかがわかる。

僕の友人に無職のやつがいるのだけれど、きゃつは律儀に年金を払っている! 僕が無職だった時は即刻全額免除申請を出して一円も払っていなかった。 僕は現在係員で、給料から年金を強制徴収されているため、払わな …

とある日の自殺体

とある一日のこと。 朝7時に起床し、顔を洗い、口をゆすぎ、コーヒーとトーストを準備し、朝食を済ませ、食器を洗い、歯を磨き、ひげを剃り、排便を済ませ、手を洗い、コーヒーをタンブラーに注ぎ、スーツに着替え …

僕は半年間で洗脳されたのか成長したのか。

働き始めてそろそろ半年になる。 働き始める前は2年間無職で、その間は旅に行っていたり、祖母の介護をしていたり、釣りをしていたり、家でぼさっとしていたりしていた。 そして労働を再開し、半年が経った今現在 …


↑twitterやってます。フォローお気軽に。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑他にも色んな方のブログが見られるので、興味がある方は是非。