係員の物思い

父の死、無常。

投稿日:

先日、父が亡くなった。

1ヶ月前に急遽体調を崩して入院。

そして帰らぬ人となった。

まじで諸行無常。

僕は十代の頃に1人、二十代の頃に1人、計二人の友人をすでに亡くしているのだけれど、そういう経験から常々思うことは、まじで諸行無常だなー、ということ。

誰にとっても一寸先はがちで闇で、だからこそ、今から一時間後に死ぬ可能性は本当にわからないという意味でみんな等しいのではないか。

となると、いつ死ぬかわからない、というのが僕の人生の大前提になり、そうなると、80歳で死ぬ、ということを人生の大前提にしている人とは話が合わなくなってしまうのだけれども、そんなことはどうでもよくて、とにかくマイペースに生きていくだけです。

P.S.

父の死は悲しいが、父の介護の心配がなくなってよかったぜ。

-係員の物思い
-

執筆者:

関連記事

一人が好きな係員にとって脅迫的で暴力的な労働組合費

2020年も早いものでもう一カ月が過ぎ、まじで諸行無常、と思っている今日この頃なのだけれど、先日労働組合のオルグという集まりがあった。 僕は昨年の4月までフリーターやニートという比較的しがらみの少ない …

愛用している労働靴に靴墨を

僕は普段、スーツと革靴という出で立ちで労働に従事しているのだけれど、5月に入り、勤め先においてクールビズが発令されたことにより、しばらく着ることのないスーツとコートをクリーニングに出し、革靴のメンテナ …

労働のモチベーション

最近はまっている作家さんの本。 今週末は頭に鈍痛を覚えながら目を覚ましたのだけれど、どうして頭が痛かったのかというと、それは前日に行われた職場全体の忘年会でついつい酒を飲み過ぎてしまったからで、ではど …

欲が減るという成長

かつてインドをぶらついていた時に、僕は何らかの因果に巻き込まれ、気が付いたらアシュラムに2週間ほど泊まり込んでヨガを学んでいたのだけれど、そこで暇を持て余していた時はアシュラムの事務所で本を借りてテキ …

給付金10万円の使い方により突き付けられる己のすっからかんさ

労働から自宅に戻り、ポストの中を一瞥すると、僕が根城にしている自治体から給付金の案内が来ていた。 当該案内によると、当該自治体では5月の末くらいに給付金の申請書が各世帯に郵送され、申請してから10日く …