係員の物思い

父の死、無常。

投稿日:

先日、父が亡くなった。

1ヶ月前に急遽体調を崩して入院。

そして帰らぬ人となった。

まじで諸行無常。

僕は十代の頃に1人、二十代の頃に1人、計二人の友人をすでに亡くしているのだけれど、そういう経験から常々思うことは、まじで諸行無常だなー、ということ。

誰にとっても一寸先はがちで闇で、だからこそ、今から一時間後に死ぬ可能性は本当にわからないという意味でみんな等しいのではないか。

となると、いつ死ぬかわからない、というのが僕の人生の大前提になり、そうなると、80歳で死ぬ、ということを人生の大前提にしている人とは話が合わなくなってしまうのだけれども、そんなことはどうでもよくて、とにかくマイペースに生きていくだけです。

P.S.

父の死は悲しいが、父の介護の心配がなくなってよかったぜ。

-係員の物思い
-

執筆者:

関連記事

年金の前提を知れば、なぜ年金だけでは暮らせないのかがわかる。

僕の友人に無職のやつがいるのだけれど、きゃつは律儀に年金を払っている! 僕が無職だった時は即刻全額免除申請を出して一円も払っていなかった。 僕は現在係員で、給料から年金を強制徴収されているため、払わな …

労働のモチベーション

最近はまっている作家さんの本。 今週末は頭に鈍痛を覚えながら目を覚ましたのだけれど、どうして頭が痛かったのかというと、それは前日に行われた職場全体の忘年会でついつい酒を飲み過ぎてしまったからで、ではど …

見栄っ張りな係員

そう言えば、去年の今頃に僕は今の職場の内定を頂いたのだけれど、社会を舐め腐っていた僕の場合、それまで正規雇用の経験も皆無で、とにかく応募条件を満たしていたし、やっている事業にも少なからず興味を持てた、 …

とある日の自殺体

とある一日のこと。 朝7時に起床し、顔を洗い、口をゆすぎ、コーヒーとトーストを準備し、朝食を済ませ、食器を洗い、歯を磨き、ひげを剃り、排便を済ませ、手を洗い、コーヒーをタンブラーに注ぎ、スーツに着替え …

ちょいと寛容になるには。

係員としてドブさらえのような事務仕事を淡々とこなしていると、隣の席に座っている暇を持て余した係長が話し掛けてくることがある。 僕はただでさえ腐りかけている脳髄をさらに腐らせないためのささやかな予防措置 …