係員の物思い

欲が減るという成長

投稿日:

かつてインドをぶらついていた時に、僕は何らかの因果に巻き込まれ、気が付いたらアシュラムに2週間ほど泊まり込んでヨガを学んでいたのだけれど、そこで暇を持て余していた時はアシュラムの事務所で本を借りてテキトーに読んでいた。

アシュラムに置かれている本は全てヨガ関係の本で、こういうこともあるのかー、おもろいのー、というような感じで面白半分に読んでいたのだけれど、その際に思わずノートに書き留めた一節がある。

と言っても、そのノートは今手元にないので原文をここに書き記すことはできないのだけれど、それは日本語にすると以下のような感じの文章だった。

己の成長は欲望が減った時に実感されるものである

「成長」と聞くと、僕らは何となく拡大主義的なイメージを抱いてしまうが、「より多く、より大きく」を求めること、「より多く、より大きく」あることが成長とは限らない。というようなことなのかしらん。

今日の昼休みに係長が「何かおもろいことあらへんかなー。やりたいことも欲しいものもなくて。つまり満ち足りてるってことなんやけどなー」とぼやいていた。

何もやりたいことがないということ。

何も欲しいものがないということ。

それはヨガ的な成長の実現であるのかもしれない。

しかし係長は日々に退屈していた。

どういうことなのかしらん。

無論、僕にはわからない。

僕から以上。

-係員の物思い
-

執筆者:

関連記事

ついつい買ってしまうもの

煩悩まみれの凡夫である僕にはついつい買ってしまうものというものがあって、それは本なのだけれど、なぜ本を読むのかというと、それはショーペンハウアーが『読書について』みたいな感じのニュアンス的な著作の中で …

とある日の自殺体

とある一日のこと。 朝7時に起床し、顔を洗い、口をゆすぎ、コーヒーとトーストを準備し、朝食を済ませ、食器を洗い、歯を磨き、ひげを剃り、排便を済ませ、手を洗い、コーヒーをタンブラーに注ぎ、スーツに着替え …

父の死、無常。

先日、父が亡くなった。 1ヶ月前に急遽体調を崩して入院。 そして帰らぬ人となった。 まじで諸行無常。 僕は十代の頃に1人、二十代の頃に1人、計二人の友人をすでに亡くしているのだけれど、そういう経験から …

年金の前提を知れば、なぜ年金だけでは暮らせないのかがわかる。

僕の友人に無職のやつがいるのだけれど、きゃつは律儀に年金を払っている! 僕が無職だった時は即刻全額免除申請を出して一円も払っていなかった。 僕は現在係員で、給料から年金を強制徴収されているため、払わな …

労働のモチベーション

最近はまっている作家さんの本。 今週末は頭に鈍痛を覚えながら目を覚ましたのだけれど、どうして頭が痛かったのかというと、それは前日に行われた職場全体の忘年会でついつい酒を飲み過ぎてしまったからで、ではど …


↑twitterやってます。フォローお気軽に。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑他にも色んな方のブログが見られるので、興味がある方は是非。