係員の物思い

欲が減るという成長

投稿日:

かつてインドをぶらついていた時に、僕は何らかの因果に巻き込まれ、気が付いたらアシュラムに2週間ほど泊まり込んでヨガを学んでいたのだけれど、そこで暇を持て余していた時はアシュラムの事務所で本を借りてテキトーに読んでいた。

アシュラムに置かれている本は全てヨガ関係の本で、こういうこともあるのかー、おもろいのー、というような感じで面白半分に読んでいたのだけれど、その際に思わずノートに書き留めた一節がある。

と言っても、そのノートは今手元にないので原文をここに書き記すことはできないのだけれど、それは日本語にすると以下のような感じの文章だった。

己の成長は欲望が減った時に実感されるものである

「成長」と聞くと、僕らは何となく拡大主義的なイメージを抱いてしまうが、「より多く、より大きく」を求めること、「より多く、より大きく」あることが成長とは限らない。というようなことなのかしらん。

今日の昼休みに係長が「何かおもろいことあらへんかなー。やりたいことも欲しいものもなくて。つまり満ち足りてるってことなんやけどなー」とぼやいていた。

何もやりたいことがないということ。

何も欲しいものがないということ。

それはヨガ的な成長の実現であるのかもしれない。

しかし係長は日々に退屈していた。

どういうことなのかしらん。

無論、僕にはわからない。

僕から以上。

-係員の物思い
-

執筆者:

関連記事

給付金10万円の使い方により突き付けられる己のすっからかんさ

労働から自宅に戻り、ポストの中を一瞥すると、僕が根城にしている自治体から給付金の案内が来ていた。 当該案内によると、当該自治体では5月の末くらいに給付金の申請書が各世帯に郵送され、申請してから10日く …

赤ちゃんはなぜ可愛いのか

少し前に姪っ子が生まれて、今年のお盆休みはずっと一緒に過ごすことになりそうなのだけれど、僕は赤ちゃんのあまりの可愛さに、きゃわわわぁ、となっている。 赤ちゃんの可愛さというのは実に別格で、その影響力は …

一人が好きな係員にとって脅迫的で暴力的な労働組合費

2020年も早いものでもう一カ月が過ぎ、まじで諸行無常、と思っている今日この頃なのだけれど、先日労働組合のオルグという集まりがあった。 僕は昨年の4月までフリーターやニートという比較的しがらみの少ない …

がらんどう散策

大阪梅田駅 これはどこかで耳にしたことなのだけれど、人間の9割以上が自分のことを平均的な人間よりも知能が高いと思っているらしく、仮にその言説が真であるとするならば、僕ら人間は実際以上に自分のことを買い …

年金の前提を知れば、なぜ年金だけでは暮らせないのかがわかる。

僕の友人に無職のやつがいるのだけれど、きゃつは律儀に年金を払っている! 僕が無職だった時は即刻全額免除申請を出して一円も払っていなかった。 僕は現在係員で、給料から年金を強制徴収されているため、払わな …