係員の物思い

暇に苦しむ人は奴隷

投稿日:

暇な時間、つまり何をやってもいいし何もやらなくてもいい時間に直面した時、自分が奴隷かどうかが明らかになる。

暇な時間を充実感に変えることができる人は奴隷ではないし、暇な時間を退屈だとして苦しむようであれば、その人は奴隷である。

自由な時間を楽しむことができない人間にとって、暇は退屈を意味し、苦痛を意味する。

よって、そのような人間にとって自由な時間は極力少ない方がいい。その方が退屈しないで済むという意味で幸福だ。自由が少ない方が幸福なのだから奴隷である。

また、常に誰かと一緒でなければ暇を嗜むことができない人間も奴隷である。

一人だと退屈してしまう人間は自分の享楽のために常に他人を必要とする。自分の充実感が常に人に左右されるのだから奴隷である。

つまるところ、暇な時間を一人で楽しめる能力のない人間は奴隷ということになるのだけれど、そういう意味での奴隷観は資産の有無を基準とした世間一般的な奴隷観と大きく異なるので面白い。

作家の中島らもは『今夜すべてのバーで』の中で、「『教養』とは学歴のことではなく、『一人で時間をつぶせる技術』のことである」と述べているのだけれど、暇な時間を一人で楽しめる能力=教養とし、その教養の有無に基づく奴隷観をもって世間や自分自身を眺めてみてはどうでしょう。

教養のない人間は自由な時間をどのように過ごしていいのかがわからないので、自分の時間の使い方を他人に規定してもらったり、指示してもらったりすることを好む。

なので、奴隷たちは概して労働中毒者でもある。

長期休暇の前になると「うわー、休みの間なんしよー、なんもやることあらへんど」と嘆く奴隷。

電車内の二時間の暇が恐ろしいため、その恐怖を紛らわせるために周囲を巻き込んで酩酊しなければ帰宅することができない奴隷。

以上の奴隷たちは僕の周囲に実際に存在する奴隷なのだけれど、彼らは某有名企業の元部長だったり元課長だったりして、労働に関しては中毒的に熱心で、仕事がものすごくできる。

社会的地位があろうとなかろうとそんなものは関係なく、彼らは暇に苦しむのだから奴隷である。

んじゃあ、人のことを奴隷だ奴隷だと喚き立てている僕自身はどうかというと、僕自身も一介の奴隷だ。

暇を持て余し、どうしようかしらん、と時折どん詰まってしまうことがある。

退屈し、惰性で楽天市場のアプリ画面を呆然と見つめている時がある。

だらだらとツイッター内を徘徊してしまうことがある。

よって僕もれっきとした奴隷だ。しかし、労働中毒者ではない。

労働が人生の全てではないのだから、労働はほどほどにしつつ、教養を身につけ、暇な時間をしみじみと味わえるように試行錯誤していきたい。

P.S.

毎回スリッパを洗濯し忘れてしまう。

-係員の物思い
-

執筆者:

関連記事

父の死、無常。

先日、父が亡くなった。 1ヶ月前に急遽体調を崩して入院。 そして帰らぬ人となった。 まじで諸行無常。 僕は十代の頃に1人、二十代の頃に1人、計二人の友人をすでに亡くしているのだけれど、そういう経験から …

ちょいと寛容になるには。

係員としてドブさらえのような事務仕事を淡々とこなしていると、隣の席に座っている暇を持て余した係長が話し掛けてくることがある。 僕はただでさえ腐りかけている脳髄をさらに腐らせないためのささやかな予防措置 …

1年前の8月は

1年前の8月、僕は無職で、夭逝した友人の初盆のために地域の行事に参加し、帰宅すると祖母もいて、父も生きていたのだけれど、その1年後、僕は職を得て、家を出て、祖母も父も死んでいるとは。 ガチのムチで想定 …

欲が減るという成長

かつてインドをぶらついていた時に、僕は何らかの因果に巻き込まれ、気が付いたらアシュラムに2週間ほど泊まり込んでヨガを学んでいたのだけれど、そこで暇を持て余していた時はアシュラムの事務所で本を借りてテキ …

ゲームセンターの教養人・ジーンズの裾あげ・GDP

先日、府庁へと赴き、狩猟免許なるものを受け取ってきたのだけれど、免許を受け取ることができたのは、試験の合格発表からおよそ1カ月後で、なぜそうなったのかというと、年休、すなわち平日休みなるものがなかなか …