2019-12

係員の物思い

見栄っ張りな係員

そう言えば、去年の今頃に僕は今の職場の内定を頂いたのだけれど、社会を舐め腐っていた僕の場合、それまで正規雇用の経験も皆無で、とにかく応募条件を満たしていたし、やっている事業にも少なからず興味を持てた、ただそれだけの理由で応募したと...
係員と本

『中動態の世界』――凡夫の思い描く自由は自由ではないかもしれない

僕が好きな哲学者に國分功一郎さんという方がいるのだけれど、ニート時代に暇を持て余していた時に國分さんの『暇と退屈の倫理学』という本を読んでものすごく面白かったため、國分さんの別の著作である『中動態の世界』という本を読み始めたのだけ...
係員と仕事

労働のモチベーション

最近はまっている作家さんの本。 今週末は頭に鈍痛を覚えながら目を覚ましたのだけれど、どうして頭が痛かったのかというと、それは前日に行われた職場全体の忘年会でついつい酒を飲み過ぎてしまったからで、ではどうして飲み過ぎてしまったのかとい...
タイトルとURLをコピーしました